モビット 審査では遅延損害金が20パーセントに設定されています。返済するべき日に返済しなかった場合には、その遅延による損害額を債務者が負担しなければなりません。これを遅延損害金と呼びます。
遅延損害金は金利に上乗せされれることになります。20パーセントに設定されることになるのです。このようにすることで、日数に応じた請求が行われることになるのです。5日遅れれば、5日分の利息が請求されることになります。
契約している金利は20パーセント未満の場合が多いでしょう。つまり、モビットで返済が遅れると、より高い金利で返済しなければならなくなるのです。
20パーセントの金利というと、かなり高金利だと考えられます。契約そのものは低金利であったとしても、たいていの貸金業者では遅延損害金を貸金業法の上限の20パーセントに設定しています。これが原因で利息の支払額が増え、返済できなくなって、最終的に債務整理をしなければならなくなる事もあります。ですから、遅延しないようにしましょう。