Googleが現在計画している、電子書籍部門で
「Googleブックス図書館プロジェクト」なるものがあるのをご存知でしょうか?

Googleが大学図書館、公立図書館などと提携し、世界中の書籍カタログを作るプロジェクトで
すべての蔵書を電子化し、Googleブックスで内容の一部、または全文を読めるように
するものなのですが、日本の角川グループホールディングスは同社の出版するすべてを
このGoogleブックス図書館プロジェクトから外す決定を下したそうです。

「電子書籍で世界中の本が読めるようになる」という目標は魅力的ですが
著作権の問題や作家などからは批判の声もあるようです。輸入本などが高額で
売られている中、このプロジェクトが完成すれば様々な人が便利に
思えるサービスになるとは思いますが、ボロボロになった大好きな小説を
いつまでも持っている私は、なんだか少しさみしい気もします。

とはいえ、ちょっと調べ物したい時にインターネットの情報だけでなく
ipadで書籍も検索できるようになれば、格段と世の中の情報の質が
変わっていくことは目に見えているので実現出来る日が待ち遠しいです。